キャバ嬢から昼職に転職したい!履歴書の職歴の書き方は?

キャバ嬢のときの職歴はどう書くの?昼職に転職を目指す人向けにお話します。

キャバ嬢から昼職に転職するための履歴書の職歴の書き方

キャバ嬢をしていたときの職歴の書き方ですが、

まずは自分が働いていたお店の会社名を調べましょう。


キャバ嬢は立派な飲食系のサービス業ですので、

会社名+契約社員(正社員、アルバイトなど)と書けば問題ありません。


会社名がわかれば具体的なお店の名前を書く必要はありません。

担当業務についてはレストランで接客全般を担当と書きましょう。

 

自己PRでは

「接客業を○年経験した中で、

対面でのコミュニケーション能力や協調性を身に付けることができました。」


このことには必ず触れておきましょう。


あなたが仕事を通じて得た経験は他の仕事でも必ず武器になります。

「コミュニケーション能力なら誰にも負けない!」

という気持ちでどんどんアピールします。


ところで、履歴書をしっかり書いて

面接対策をきっちりしても採用されないことがありますよね。

f:id:kyabajyo-tenshoku:20160627154548j:plain


そんな人は東京都の「正社員就職応援プロジェクト」を利用してみてはいかがでしょう?


これは東京都が行っている事業で、30歳から44歳の男女を対象に就職決定までをサポートしてくれます。

 

自分だけで上手くいかない場合でも、東京都の支援があればチャンスが増える可能性が高いですよ。


気になる方は、下記サイトをご覧ください。
↓↓↓↓